遠隔講義理解のための時空間解像度及び部分連続性を保証する映像伝送手法 A Video Transmission Method that Guarantees Spatio-Temporal Resolution and Piecewise Continuity for Understanding Distance Lectures

この論文をさがす

著者

抄録

遠隔講義などで講義室の映像を遠隔地に送る際に, 従来はネットワークの有効帯域にあわせて映像の時空間解像度を調整することで映像を圧縮していた.しかしながら, 伝送された講義映像で学習するという状況を考えると, 板書を撮影した映像に映っている文字が判読できなかったり, 身振りをして説明をする講師の動きが学習者に伝わらなかったりするのでは, 映像を伝送する意味自体が失われてしまう.そこで本稿では, 講義状況を分類し, その状況における講義情報の理解に必要な時空間解像度を維持して講義映像を伝送すると共に、それに伴う遅延の発生するタイミングを制御することで, 講師の一連の動作が中断しない, 部分的な連続性を保つ講義映像の伝送手法を提案する.

In distance lectures, the lecture video capturing the situation of the lecture room was compressed by adjusting the spatio-temporal resolution according to the bandwidth of a network. However, for the learners viewing the transmitted lecture video. if texts on a blackboard cannot be read or the gesture of a lecturer cannot be viewed in video, it is meaningless to transmit the lecture video. Therefore, we propose guaranteeing spatio-temporal resolution of the video capturing a blackboard and a lecturer for a lecture situation. In this paper, we present a lecture video transmission method generating the delay that does not interrupt a series of motion of a lecturer for the lecture understanding by controlling whento generate the delay based on the lecture situation.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告

    電子情報通信学会技術研究報告 105(256), 19-24, 2005-09-01

    一般社団法人電子情報通信学会

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003271205
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10476092
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7469561
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ