飲みュニケーションとパーティコーパスの収集と分析 Construction and Analysis of Alcoholic and Tea Party Corpus

この論文をさがす

著者

    • 中山 彰 NAKAYAMA Akira
    • 日本電信電話株式会社NTTサイバーソリューション研究所 NTT Cyber Solutions Laboratories, NTT Corporation
    • 細田 真道 HOSODA Masamichi
    • 日本電信電話株式会社NTTサイバーソリューション研究所:(現)東日本電信電話株式会社研究開発センタ NTT Cyber Solutions Laboratories, NTT Corporation:(Present address)Research and Development Center, NTT East Corporation
    • 小林 稔 KOBAYASHI Minou
    • 日本電信電話株式会社NTTサイバーソリューション研究所 NTT Cyber Solutions Laboratories, NTT Corporation

抄録

われわれは, 豊かで充実した生活の基盤として, 積極的にコミュニケーションを仲介し, ユーザが話しやすい環境を作るメディアを志向している.そのようなメディア設計のためには, 円滑で心地よいコミュニケーションを阻害するさまざま要因を探る必要があると考えている.そういった要因を探るための第一歩として, 話が盛り上がる場であると考えられる「飲み会」「パーティ」の収録実験を行い, またその被験者の「性格テスト」「日本語能力テスト」を実施した.本稿では, その収録実験の概要, および予備的実験結果として, 各種テスト結果と各参加者の発話量の関連について報告する.

Our target is a communication mediation system that allows a user to join conversations without any hesitation and to enjoy them. To develop this system, we believe that the factors which obstruct smooth conversations must be discussed. Our first step, reported here, is to construct a tea and alcoholic party corpus that includes the results of participants' personality and Japanese language tests. A preliminary analysis shows the correlation of a personality and Japanese language tests, social positions and the number of participants' utterances.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告

    電子情報通信学会技術研究報告 105(256), 83-88, 2005-09-01

    一般社団法人電子情報通信学会

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003271216
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10476092
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7469746
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ