音声対話における2者間の相互影響 : 時間的側面からの検討 The Inter-Speaker Influence in Dialogues : study of temporal aspects

この論文をさがす

著者

抄録

対話の際に受容的構えで相手の話を聴くことにより,コミュニケーションが円滑化し,相手との関係が安定する.本研究では受容的構えで対話に臨む2者間の相互影響の過程を探求するため,交替潜時を切り口として,受容的な対話と非受容的な対話とを比較した.結果から,受容的構えで対話に臨む場合には時間経過に伴い2者の交替潜時が徐々に近似することが示された.また,自らの受容的構えを相手に示すための効果的かつ適切な方略として,2者の交替潜時の違いを小さくするように自らの交替潜時を調整する方略が用いられていることが示された.これらの結果から,相手との関係を構築する上で交替潜時の用い方が果たす役割について考察した.

In order to investigate the mutual influence of the two speakers in dialogues in which they listen to each other receptively, the present study compared the switching pause behavior in receptive and unreceptive dialogues. The results indicated that in receptive dialogues, the SP of the conversational partners become gradually similar. Moreover, it is suggested that an effective strategy used by the speakers to show receptive attitude to their partner is adjusting their own SP so that the difference between both their SP becomes smaller. Based on these results, the role of the SP in building a relationship with the conversational partner was examined.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎

    電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎 103(113), 19-24, 2003-06-06

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

被引用文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003271380
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487226
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6645516
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ