TVを介した「にらめっこ」 : アイコンタクト成立のための条件 "Outstaring Game" through TV : Conditions for Eye Contact

この論文をさがす

著者

抄録

自然な対話においては, アイ・コンタクトは不可欠な要素である.しかしながら, これまでその役割はあまり良く調べられてこなかった.そこで我々は, アイ・コンタクトのとれる遠隔対話(TV電話)装置を開発し, 人がどのくらいの精度で視線方向を検出できるのかを本装置を用いて調べてみた.その結果, 人は約4度の精度で視線方向を検出可能であり, これまでのTV電話(会議)システムでは視線が一致しないという印象を裏付た.次に, アイ・コンタクトの効果を調べるため, 様々な条件下で睨めっこ実験を行なってみた.その結果は, 人は視線方向は検出できても, アイ・コンタクトが成立しているかどうかは判断できない, という意外なものであった.

"Eye-contact"seems to play an essential role for realizing a natural dialogue.Few researches have, however, investigated the real dialogue under eye-contact conditions.Hence, we developed a kind of TV conference system which an"eye-contact"possible between the dialoguer.First, the accuracy of the eye-direction detection is investigated, and found that only the mismatch of 4 degree is enough to be perceived.Next, Niramekko-Japanese outstaring game is conducted under various conditions, partly to investigate the effect of eye-contact on the dialoguer.The result is surprising-most people cannot detect the eye-contact, only they can detect the eye direction.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎

    電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎 98(503), 15-21, 1999-01-18

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003271617
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487226
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ