自然対話におけるうなずきの機能に関する考察 Functions of Nods in Japanese Spontaneous Dialogue

この論文をさがす

著者

抄録

人間同士の対話において,人は音声言語情報以外に視覚情報からも多くの情報を得ていると考えられる.人間同士の対話のようにコンピュータと人間が対話することができれば,それは人間にとって親しみやすく,使い易いコンピュータといえる.そのようなコンピュータを実現するためには,ジェスチャーなどのマルチモーダルな情報を利用することが必要となる.本研究では日本語の自然対話をマルチモーダルな環境で収録し,人間同士の自然対話におけるジェスチャーの中で特にうなずきについて分析を行った.うなずきは聞き手のあいづち的な機能だけではなく,話し手の発話中に多く発現していたことから,話し手のうなずきに注目し,その機能について過去の研究と比較しつつ分析を行った.結果として話し手のうなずきが話者間の情報伝達を円滑に行うためのいくつかの機能を有していることが示唆された.

People use gestures like nods for smooth communication in spontaneous speech dialogue. Usual dialogue continues exchanging interlocutor's information with each other using speech and gestures and therefore it is supposed that there is correlation between speakers' gestures and listeners' reaction. In this paper we focused nods for the analyses of gestures. 4 dialogues by four pairs of good friends were recorded, where they can look at each other via two prompters. The prompter can record the interlocutor's gesture on videotape and project the partner's image though a half mirror. As a result, it was suggested that speakers' nod is caused more frequently than listeners' nod and that speakers' nods have some functions for smooth communication.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎

    電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎 104(445), 13-18, 2004-11-11

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003271790
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487226
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7188412
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ