音声対話における反応潜時が話者印象評定に及ぼす影響 : 社会的スキルの程度による評定の手がかりの相違 Influence of Response Latencies on Impression Evaluation of Speakers in Dialogues : differences of cues used for evaluation by degree of social skill

この論文をさがす

著者

抄録

先行研究から, 社会的スキルの高い人ほど, 反応潜時の相手との類似を協調性の表れとして解釈する可能性が推測された. これを検証するために, 本研究ではテレフォンショッピング場面におけるオペレータの態度の評定実験を行った. 社会的スキル得点が高い実験参加者は, オペレータの反応潜時が客の反応潜時と類似するときに, オペレータを「親しみやすい」「好きな」と評価する傾向があった. 一方, 社会的スキル得点の低い実験参加者は, 長い反応潜時を用いるオペレータをポジティブに評価した. 社会的スキルは, 社会的課題を円滑に遂行するための技能であるから, この結果は, 反応潜時の2者間の類似が社会的課題を遂行するための方略となりうることを示唆している.

Previous research implies that people with higher social skills interpret the congruence of response latencies in conversation as a sign of cooperation. To investigate this, an experiment evaluating the operator's attitude in a telephone shopping situation was undertaken. Social skill was measured using Horige's (1994) ENDE2. When the response latencies of the operator and customer were similar, participants with higher social skill scores differed from those with lower scores, generally finding the operator 'pleasant' and 'consciencious'. As social skill represents the ability to perform social tasks smoothly, these results suggest that similarity of response latencies is a strategy used in performing social tasks.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎

    電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎 104(745), 57-60, 2005-03-18

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003271836
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487226
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7355405
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ