仮想空間におけるアバター間の距離と向きの相互認知による身体的インタラクションの反映 Physical Interaction in Virtual Space Effected by Mutually Perceiving of Positions and Directions of Avatars

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 人と人とのコミュニケーションを目的としたWWW環境などにおいて, 他者の存在をアバターを使用することにより可視化し, アバター間に実社会での対人距離などに似た身体的インタラクションが生じるかについて考察する.これにより, そのインタラクションでの相互に伝達される情報チャンネルを増やすことでWWW環境などでのコミュニケーションを支援し, 活発な知識の交換やユーザ同士の繋がりを築くことを支援することを目的とする.本稿では, そのアバターの向きと位置関係や距離を実空間に近い形でイメージさせるようなアバターの表示方法を行なった場合, ユーザはその他のアバターの位置と向きの関係から自らのアバターの位置と向をどのように対応させていくかを, 実験を通して観察した.実験では, 対話を行なう際, 対話対象と定めた他のアバターとの距離を縮める行動が確認された.また, 発話対象のアバターにどのような向きで自らのアバターを近づけていったかについて, 今後発話中の位置と向きの関係から明らかにしていく.

In this research, we consider about how physical interaction is occurred in WWW(World Wide Web) by visualizing mouse pointer on the display as a symbol of the existence of other persons. Especially, we observe about Interpersonal Distance and Posture when user has a talk with other user. This will cause much more intercommunicate information and support the cooperation activities of users. This time, we have experimented of how users manipulate their avatar when they communicate each other in real time. The result shows that when user has a talk with other user, user close in other avatar. But we did not obtain dominant results about how user directs avatar's attention to other avatar.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告

    電子情報通信学会技術研究報告 105(306), 43-48, 2005-09-26

    一般社団法人電子情報通信学会

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003271853
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487226
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7472379
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ