リズムと空間定位の相互調整 : 心を感じる・感じさせるコミュニケーションの条件 Intercorporal coordination in rhythm and spatial orientation : What makes people believe in others' mind?

この論文をさがす

著者

抄録

ヒューマン=コミュニケーションは,互いに「心」の存在を想定し,「心」の状態を推定しあうことによって,互いに行動を予測・制御し,調整しあう営みである.本発表では,乳児と養育者のインタラクション発達を手がかりに,「心」の存在を感じる・感じさせるメカニズムとして,身体動作のリズムや方向性にもとづいて注意や活動の時空間的な配分を相互調整することを考察する.

Human communication is the reciprocal activity of (1) assuming that the interlocutor has "mind" and (2) predicting and manipulating the interlocutor's behavior in terms of "theory of mind". Looking into infant-caregiver interaction and its development, we investigate interpersonal coordination of bodily movement (i.e. attentional pattern) as a mechanism that makes us believe in "mind".

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理

    電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理 102(472), 25-29, 2002-11-14

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003271897
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487237
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6403176
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ