Hollow-face と関連錯視 : 物体知識か幾何学的特性か? The Hollow-face and related illusions : Object knowledge or geometric properties?

この論文をさがす

著者

抄録

"Hollow-face"錯視(凹順錯視)は奥行き手がかりの明白な実物の三次元物体においても奥行きに逆転が生じる一例である。倒立提示により錯視が弱まることから、奥行き反転には物体に関する知識が重要であることが分かる。本研究では、物体知識と幾何学的特性の両方の重要性を調べるために実験を行った。実験1では、物体特有の知識は順に限るものではなく、また、絶対的ではなく段階的であることが分かった。実験2および3では、新規な手法と仮想的hollow-faceを用いた。実験2では絶対的な奥行きは錯視の強さには重要ではないことを示したが、実験3では部分的な表面形状の重要性を示している。結果は、幾何学的および物体に関する知識が錯視の強さに影響を与えると解釈される。後者は、ボトムアップ的な奥行き手がかりの解釈に影響を与えるような三次元形状に関する情報の符号化を行っていると考えられ、これはベィジアン的枠組みのなかで事前確立を決定していると思われる。

The hollow-face illusion is an example of depth reversal occurring even with a real three-dimensional object that provides unambiguous depth cues. The effect of inversion, whereby the illusion is weaker when the face is presented inverted, shows the importance of object knowledge in generating the illusion. We report experiments investigating the importance of both object knowledge and geometric properties. Experiment 1 shows that the effect of object specific knowledge is not limited to faces and that it is graded rather than 'all-or-nothing'. Experiments 2 and 3 used a novel method and a virtual hollow-face. Experiment 2 suggests that absolute depth is not critical to the strength of the illusion but Experiment 3 showed the importance of local surface types. The results are interpreted as showing that both geometry and object knowledge affect the strength of the illusion. The latter must encode information about three-dimensional shape that affects the interpretation of bottom-up depth cues, possibly by determining prior probabilities within a Bayesian framework.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理

    電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理 103(521), 61-66, 2003-12-11

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003272043
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487237
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6826770
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ