顔が伝える社会的信号の検出 Methods for detecting social signals from the face

この論文をさがす

著者

抄録

人間が顔画像の表情にあらわれた感情をどの程度敏感に読みとることができるかについて実験的に検討した。ここでは、実験手法によって感度の測定値に違いが生じるかどうかを確認するため、2クラス間の強制選択による方法と信号有無判定にもとづく方法の2つの測定法によって、顔表情からの人間の感情検出感度を比較した。ここで視覚刺激としては画像の情報圧縮による感情認識感度への影響を明らかにするため、オリジナルの顔画像と各点の濃淡値を1ビットで表した2値化画像との2種類を用いた。その結果、感情認識の感度は測定手法の違いによる実験デザインには大きくは影響されないこと、顔画像の濃淡情報の圧縮によって、各感情の認識傾向にはほとんど変化がみられないものの、その感度はかなり低減することが確認された。

Sensitivity to emotional signals from the face was investigated using a 2-AFC and a signal detection paradigm. The two different techniques were adopted to determine whether differences exist in the measured sensitivity according to the methodology employed. Sensitivity to these signals was measured using images in full grey-scale and 1-bit per pixel format. This allows us to investigate how sensitivity is affected when the amount of visual information is severely depleted. Subjects' ability to perform the detection task was not significantly effected by the nature of the experimental design. Thresholding the images showed a decreased performance although the trend in discriminability remained the same.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理

    電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理 96(602), 1-6, 1997-03-18

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003272129
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487237
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ