高速度カメラを用いた顔面表情の動的変化に関する分析 Analysis of Movements of Facial Expressions by High Speed Camera

この論文をさがす

著者

抄録

顔面表情に焦点をあて、意図的なコントロールを受けたものと、なんらかの情動喚起に伴い自発的に現れるものとの違い、特に動的な変化の違いを実験的に検討した。被験者の顔面表情の変化を次の2条件下で高速度カメラにより撮影した。1つが意図的表出(動作教示)条件、もう一つが自発的表出条件である。意図的表出条件では、顔面動作教示に従って被験者に6つの基本表情を演じさせた。一方、自発的表出条件では、情動喚起映像(喜び、驚き、怒り、悲しみ、嫌悪、恐れ)を提示し、被験者に自然な表情を自発させた。高速度カメラで撮影した顔面表情の動的変化(特徴点の変位)を、画像解析ツールを用いて測定した。

The purpose of this study was to examine patterns of facial movements of "posed" (intended) facial expressions and "elicited" (unintended) emotional responding by feature point tracking. We videotaped participants' facial movements of intended and unintended facial expressions of emotion by a high speed camera which allowed us to analyze facial movements very closely in image sequences. The experiment consisted of two parts. First, the participants task was to produce the six expressions (anger, disgust, fear, happiness, sadness, and surprise). In the second part of the experiment, participants were shown a set of film stimuli that elicited each of emotional states (amusemet, anger, disgust, fear, sadness, and surprise). We recorded the participants' facial expressions to the film stimuli.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理

    電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理 99(722), 1-6, 2000-03-21

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003272371
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487237
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    5355643
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ