顔部品の検出に対する笑顔の影響  [in Japanese] Effect of smile for detection of facial parts  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

口唇裂・口蓋裂者の表情分析から、笑顔表出時には鼻の変形や口元の歪みが目立だなくなることが示された。このことを踏まえて、顔部品の検出において笑顔がどのような影響を及ぼすのか、大学生を被験者に3つの実験を行った。実験1では、単独提示される中立顔または笑顔中にドットがあるかないかの判断を被験者に求めた。実験2では、同時提示同異判断課題によって顔中のドットの検出における笑顔の影響について検討した。両実験とも顔中のドットの検出は笑順において遅くなることが示された。実験3では、目・鼻・口の拡大変化の検出における笑顔の影響を検討した。その結果、笑顔中では目の拡大変化が検出されにくくなることが示された。これらの結果から、顔部品の検出において笑顔は抑制的な影響を及ぼすと結論づけることができる。

In cases of patients with cleft lip and palate, their deformity of nose and/or their skew of mouth are perceptually less salient, when they show smiling. Three experiments were conducted to investigate effects of smile for detection of facial parts. The detection of dot in face, either smiling or neutral face, was carried out in Experiment 1 and 2. The detection of enlargement of facial part, any one of eyes, nose, or mouth, was carried out in Experiment 3. The results showed the smile has the inhibited influence for the detections of both dot and enlargement of facial part

Journal

  • Technical report of IEICE. HIP

    Technical report of IEICE. HIP 104(525), 31-36, 2004-12-16

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  6

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003272581
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10487237
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    7222142
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top