バレエ創作を支援する Web ベースの振付シミュレーションシステム A Web-based Choreography Simulation System to Support the Composition of Classical Ballet

この論文をさがす

著者

抄録

Web3D技術とその応用研究として,クラシックバレエの振付支援システムを開発した.バレエの振付をWeb上で対話的に創作し,それを3次元CGアニメーションで再生することができる.モーションデータはモーションキャプチャシステムを用いてプロダンサーの実演から採取し,レッスン用の振付創作に必要な基本ステップを網羅的に収集した.振付を効率的に創作するために,バレエの基本ステップの構造分析とステップの連結可能性の調査を行い,創作支援を想定したモーションのデータベース化とユーザインタフェースの開発を行った.その結果,振付操作の簡略化と自然なバレエ動作の生成が可能になった.

As case study of Web3D technology and its application, we have developed a system that supports the creation of classical ballet choreography in 3D environments. The system allows users to interactively crate various choreographies on the Web and to represent them as 3DCG animation. The data were captures from professional dancers performances using motion capture systems. The archive has exhaustively accumulated motion data of basic steps for lessons. We discuss the structural analysis of ballet motion and possible connections between basic ballet steps. This allows users to choreograph easily and to avert creating illogical choreographic sequences.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. CQ, コミュニケーションクオリティ

    電子情報通信学会技術研究報告. CQ, コミュニケーションクオリティ 102(660), 71-74, 2003-02-21

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003272746
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1054106X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6506797
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ