仮名認識による日本語学習支援システムの開発  [in Japanese] Development of Japanese Learning-support System with Kana Recognition  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

仮名認識による日本語学習支援システムのプロトタイプを開発した。マルチメディアを利用した教材や教育システムが構築されるようになったが、ネツトワークを介した映像音声の交換において言語的支援を行う仕組みはあまり見当たらない。そこで、日本語学習の初学者を対象に、映像内に含まれる仮名文字を利用して漢字や絵などを提示する日本語学習支援システムを提案する。プロトタイプ・システムでは、ARToolkitを利用して映像内に含まれる仮名文字を検出し、文字列を認識して漢字、英語及びタイ語に変換して表示する。表示ツールとしてWebブラウザを用いることにより、Webブラウザがサポートする形式であれば簡単にコンテンツを出力できる。これにより、変換先は文字だけでなく、音や画像、三次元モデルなどに対応する。

We have developed a prototype of Japanese Learning-support system with Kana recognitions. Various learning materials and educational system have been constructed using multimedia, but there is almost nothing of framework that supports language in exchanging audio-video via communications network. We then propose the Japanese learning-support system displaying Kanji and pictures with Kana letters within an image. The prototype system detects Kana letters using the ARToolkit, recognize a Japanese word, and display translations into the Kanji, English, and Thai. The Web browser is used as a display tool, so that the formats that the Web browser support can be displayed. This includes sound, image, and 3D model as well as letters.

Journal

  • Technical report of IEICE. PRMU

    Technical report of IEICE. PRMU 103(584), 57-60, 2004-01-15

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  8

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003273905
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10541106
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    6860568
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top