利用者の要求するカメラワークを反映した自動撮影手法 A Method of Automatic Camera Control Reflecting Each Users' Request about CameraWork

この論文をさがす

著者

抄録

一定の移動パターンを持つ撮影対象を1台のカメラで撮影するとき, わかりやすく見飽きない映像を撮影するために, 映像の利用者は画面構成を変化させるカメラワークでの撮影を要求する.本稿では, そのような映像の自動撮影を実現するために, カメラワークを反映させた入力情報として, 予め利用者の要求するカメラワークで撮影したテンプレート映像を用いる.そして, テンプレート映像からどのような撮影手法に基づく撮影が行われたかを解析し, 自動撮影に必要な情報を取得する.それらの情報を用いてテンプレート映像と撮影中の映像間に生じる幾何学的ずれ, 時間的ずれを実時間で補正するようカメラ操作を行い, テンプレート映像と同じカメラワークで映像を撮影する手法を提案する.

When people take an image of an object which moves in a fixed pattern, they request an image taken by a camerawork which changes image composition. We suggest a method of automatic camera control to take an image like that. A user gives a video stream taken by a man as a template information of his camerawork request. The system estimates how the video stream was taken and get information to control camera automatically. Using this information, the system takes the adequate image in real-time adjusting a geometrical and time deviation.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解

    電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解 100(566), 59-66, 2001-01-12

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003275244
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10541106
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    5673312
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ