ベイジアンネットワークを用いた情報通知ユーザモデリング手法の検討 User Modeling for Notification System using Bayesian Network

この論文をさがす

著者

抄録

本橋では,コンテキストアウェアサービス等のプッシュ型情報通知システム構築を目的として,情報通知による"情報認知度"と"タスク負荷度"を考慮した"情報通知ユーザモデル"を提案する.特に,ベイジアンネットワークによる巨視モデルを提案するとともに,通知情報量とタスク情報処理量を考慮した効用関数に基づく通知制御方式を提案する.モデル構築にあたっては,モバイル環境下での携帯端末への情報通知サービスを想定し,評価アプリケーションを用いてデータ収集を行うことで,初期モデル構築する.最後に,構築モデルを用いて確率推論から得られる"情報認知度"と"タスク負荷度"の変動結果を示す.

A variety of information communication devices have been developed to help people maintain his/her awareness of interesting information. Notification systems play an important role in delivering current, important information via such devices. However, the important issues in notification systems for the human-computer interaction domain are interruption to primary task and comprehension or recognition of information over time. This paper proposes a user model for notification systems to overcome such disadvantages in notification systems. This proposed mode utilizes a Bayesian network technique and leads a decision making function (utility function) to determine an appropriate information representation and notification timing to a user. This paper also describes a preliminary model for a user who is using his/her mobile terminal in mobile environment.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解

    電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解 104(523), 19-24, 2004-12-16

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003275643
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10541106
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7222017
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ