ネットワーク上での情報統合によるプライバシー侵害とその対策  [in Japanese] The Protection of Privacy under the Internet Environment  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 本村憲史 MOTOMURA Kenji
    • 同志社大学大学院・総合政策科学研究科 Doshisha University, Graduate School of Policy and Management
    • 金田 重郎 KANEDA Shigeo
    • 同志社大学大学院・総合政策科学研究科 Doshisha University, Graduate School of Policy and Management

Abstract

プライバシー保護を目的とするガイドラインとして最もよく知られているのはOECDによるガイドラインであり, 日本国内でも, これに準じたガイドラインが定められている.しかし, インターネットにおいては, 各ホームページ管理者が, ガイドラインを遵守し, 必要最小限度の個人情報開示に努めたとしても, 複数のホームページの情報を統合することにより, 個人情報を収集でき, 結果として, プライバシーが侵害される危険性がある.しかも, 民間を対象とするプライバシー保護法が存在しない我が国では, 学校・企業・学会等の名簿を販売する業者が公然と存在し, 情報統合によるプライバシー侵害の恐れは, より拡大する.本論文では, 具体的を用いて侵害の可能性を示し, 併せて, 対策について考察する.

This paper presents a new type of privacy infringement, using information integration by a computer, under the Internet environment. Today, one person has many social activities and, as the result, the private information is distributed in many home pages. In this case, even if each home page publishes the limited and minimized information of the privacy, any internet user can easily integrate these information to get complete private information of the person. Especially, this situation is in danger of more serious privacy infringement in Japan, having no privacy protection law. This paper demonstrates a concrete example and discusses counterplans to this type of privacy infringement.

Journal

  • Technical report of IEICE. OFC

    Technical report of IEICE. OFC OFS98-5, 29-36, 1998

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Cited by:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003276315
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10542787
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Data Source
    CJPref  NII-ELS 
Page Top