有限状態トランスデューサを用いた話し言葉の同時翻訳 Simultanous Machine Interpretation using Finite State Transducer

この論文をさがす

著者

抄録

本論文では,対訳コーパスを用いた話し言葉の同時翻訳手法を提案する.本手法は,対訳データから獲得した翻訳パターンを利用するパターンベース翻訳として実現する.対訳データとしては,対訳文とその逐語訳を利用する.逐語訳データに基づく翻訳パターンを用いることにより,出力の同時進行性を備えた訳文の生成が可能となる.本研究では,高速な同時翻訳処理の実現を目指し,翻訳パターンから作成した有限状態トランスデューサを用いて変換を実行するとして本手法を実現した.本手法の実現可能性を確認するために,実対話文を用いて翻訳実験を実施した.実験では名古屋大学CIAIR対話同時通訳データベースを使用した.

In this paper we present a method of simultaneous machine interpretation using a parallel corpus. It is based on the pattern-base machine translation and uses translation patterns acquired from a parallel data. By using word-for-word translations as translation data, our method make it possible to generate translations simultaneously. For high speed translations, our method creates Finite State Transducer(FST) from translation patterns on ahead and uses it to translate. In order to confirm our method's effectivity, we have experimented with our method.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション

    電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション 104(234), 37-42, 2004-07-22

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003278118
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091225
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7069031
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ