信念推定算法の終助詞選択への適用 An Application of a Belief Estimation Algorithm to Selection of Japanese Sentence Final Particles

この論文をさがす

著者

抄録

「よ」, 「ね」, 「よね」などの格助詞は, 日本語で会話を円滑に行なう場合に重要な役割を果たす. 話者は適切な終助詞を選択するために, 聴者が何を信じているか推定しなければならない. 我々は, 外界の変化の観測データから他者の信念を推定するアルゴリズムを以前に提案しており, このアルゴリズムを終助詞選択に適用できるように思える. しかし, 我々はアルゴリズムを単純化するため, 発話が信念に影響を及ほすという事実を無視していた. 本稿では正直な発話の影響を考慮するにはアルブリズムをどう変更すればよいか説明し, 実際に適切な終助詞が選択されることを例題を用いて解説する.

Japanese sentence final particles such as YO, NE, and YONE play an important role in Japanese conversation. Speakers have to estimate hearers' beliefs to select an appropriate sentence final particle. Since we have proposed a belief estimation algorithm, it seems possible to apply the algorithm to the selection. However, we have ignored the fact that utterances affect one's belief in order to simplify the algorithm. Here we describe the modification of the algorithm to take the effects of honest utterances into account, and illustrates how it selects appropriate particles.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション

    電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション 96(46), 33-38, 1996-05-17

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003278138
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091225
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ