実時間対話における漸次的発話のプランニングモデル A Plan-based Model of Incremental Utterance Production in Real-time Dialogue

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,実時間対話における漸次的発話を生成するためのプランに基づくモデルを提案する.このモデルは,与えられた問題を解決しながら,その問題の解を対話相手に自然言語で提案するために,時間制限の下に漸次的に発話を行う.このモデルは(1)問題の解が部分的に決まった段階で発話を開始する,(2)実時間対話に特有の談話構造を利用して,小さな発話単位で発話を行う,(3)言語運用制約を使って,発話の自然性を損なうことなく,発話を漸次的に行うという利点をもつ.また,発話シミュレーション実験により,モデルの有効性を検証した.

This paper presents a plan-based model of incremental utterance production in real-time dialogue. This model produces utterances incrementally under time constraint to propose the solution of a given problem, while solving the problem. This model has the advantage that it starts to utter even when the solution is partially determined, (2) it performs utterances in small units of speech by utilizing the discourse structures characteristic of real-time dialogues, (3) it utters incrementally without losing the relevance of utterances by utilizing pragmatic constraints. The model is verified by an utterance simulation experiment.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション

    電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション 95(321), 1-8, 1995-10-20

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003278335
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091225
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ