質問応答システムの比較と評価 An Evaluation and Comparison of Japanese Question Answering Systems

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では, いくつかの質問応答システムを独立に作成し, 50問の質問文に対する性能評価を行なった結果を報告する.質問応答システムは1999年のTREC-8のQAタスクの開催以降注目を集めており, 次のような点で従来の情報検索や情報抽出と異なっている.従来の情報検索では, 質問に対する答えを文書の単位で列挙していたが, 質問応答システムは質問の答えを記述した部分を返す.また, 従来の情報抽出は対象分野と抽出項目があらかじめ限定されていたが, 質問応答では, 抽出する項目が質問文により自由に決まる点で異なっている.本稿は, 今後の質問応答システム研究の参考とするため, 日本語QAシステムの性能のベースラインを探るとともに, 日本語QAシステムの比較・評価法を紹介するものである.

This paper provides an evaluation and comparison of several Japanese question answering(QA)systems on the basis of experiments on extracting answers to fifty questions from one-year newspaper articles. Question answering systems have been attracting much interest since the start of the QA of TREC-8 in 1999. QA is differentiated from information retrieval and information extration in the following sense. QA systems return the exact part of an article that directly answers the question given by a user, while information retrieval systems only return a list of articles. QA systems are open-domain, while information extraction is highly domain-dependent and predefines the items to extract by using templates. This paper explores the baseline of Japanese QA systems and also presents our experiences in evaluating and comparing QA systems.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション

    電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション 100(401), 17-24, 2000-10-20

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  16件中 1-16件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003278601
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091225
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    5567222
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ