音声に含まれる感情の判別に関する検討 An investigation on discrimination among emotion expressions contained in speech

この論文をさがす

著者

抄録

本論文は, 音声に含まれる感情の判別を目的としている.最初に感情(怒り, 悲しみ, 喜び)を含んだ音声が連続音声認識システムに与える影響を13名の話者によって発話された1040文章を用いて調査した.その結果, これらの感情は平均で10〜20%, 最大で50%程度の認識率の低下をもたらすことが分かった.次に, 感情の判別にはどのようなパラメータが有効であるかを調べた.正準判別分析の結果, 文中の最大基本周波数, 最大振幅, 基本周波数の変動範囲などの特徴量が有効であることが分かった.全話者の混合データに対する判別分析では, 怒り(61.4%), 悲しみ(53.1%), 喜び(45.8%)の順で判別率が低下することが分かった.一方で, 各パラメータの判別に対する寄与度は話者によって異なっていることが分かった.

This paper describes the discrimination among emotion expressions contained in speech. At first, we investigated an influence of these emotion expressions (anger, pleasure and sadness) on performance of continuous speech recognition system using 1040 sentences uttered by 13 speakers. We found that those three emotions gave 10% to 20% down on the performance. Next, we investigated effective parameters for discrimination among emotions. Based on canonical discriminant analysis, the following parameter are effective for all speakers : maximum fundamental frequency, maximum power and variation range of fundamental frequency. Discriminant rates for all speakers decrease in order of anger (61.4%), pleasure (53.1%) and sadness (45.8%). On the other hand, we also found that contribution rate of these parameters is different dependent on speaker characteristics.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション

    電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション 100(520), 43-48, 2000-12-14

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003278611
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091225
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    5638055
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ