丘陵地帯の小セル・ディジタル移動通信における多重波伝搬構造の測定と解析  [in Japanese] Measurements and Analyses on Multipath Propagation Structure for Small-Cell Digital Mobile Radio in Hilly Areas  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

高速ディジタル移動通信における誤り率の特性や軽減方法の研究には,多重波伝搬構造の解明が不可欠である.本研究には,2組の指向性アンテナと,鋭いパルスを挿入したTV映像信号による遅延時間測定法とを組み合わせた測定系を開発し,丘陵のある小セル・モデル地域において多重波伝搬構造を精細に測定した.測定コース周辺の建物反射波および周囲の丘陵から顕著な反射波の他に,遠方の建物からの反射波や建物の多重(複数回)反射波等が観測され,多重波の電力遅延プロフィルおよび遅延分散の性質を分析し,ディジタル伝送のビット誤り率に対する遅延多重彼の影響を明らかにした.

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. B-(0xF9C2)

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. B-(0xF9C2) 00079(00003), 168-175, 1996-03-25

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  12

Cited by:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003281014
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11359977
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09151885
  • NDL Article ID
    3947402
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-1851
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top