位相差差分を利用する高速ホッピング周波数シンセサイザ  [in Japanese] Fast Hooping Frequency Synthesizer using Difference of phase-errors  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

高速周波数ホッピングスペクトル拡散(FFH-SS:Fast Frequency Hopped-Spread Spectrum)通信は耐干渉性, 耐妨害性, 秘話性に優れた通信方式である.これを実現するためには高速に周波数を切換え可能なシンセサイザが不可欠である.そこで周波数ホッピングの周期性を利用し, 1周期前の同一周波数出力時の位相比較器の位相差を再現する初期値提示方式を用いた高速ホッピングPLLシンセサイザをさきに提案し, ホッピング周波数をリファレンス周波数の1/3まで上げられることを示した.しかし, この方法では周波数切換え時に発生するVCOの出力位相ずれが再現した位相比較器の位相差に誤差を与え, 結果として出力周波数にステップ状の誤差を生じる.そのためこの位相ずれを補償する回路を提案したが, 高周波で動作できない等の課題が残った.本論文では, これらの問題を解決した高速ホッピング周波数シンセサイザを提案する.本方式では位相比較器の位相差の再現を行わず, 位相差の差分を利用することにより周波数切換え時に発生するVCOの出力位相ずれの影響を受けない.また, ホッピング周波数がリファレンス周波数の1/2とより高速に動作可能であり, A/D変換器のビット数をD/A変換器のビット数よりも少なくできる等の特徴がある.

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. B-(0xF9C2)

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. B-(0xF9C2) 00081(00002), 125-133, 1998-02

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  9

Cited by:  8

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003281149
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11359977
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09151885
  • NDL Article ID
    4413279
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-1851
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top