高速周波数切換え初期値提示方式PLLシンセサイザ  [in Japanese] Fast Convergence PLL Synthesizer with Initial Phase Difference  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本論文では,周波数ホッピング方式スペクトル拡散(FH-SS)通信への応用を考え,周波数切換え時間の短いPLLシンセサイザを提案する.従来のPLLではループに低域フィルタが介在するため出力周波数を高速に切り換えることが困難であった.これに対し本PLLでは低域フィルタが不要なサンプルホールド型位相比較器を用いる.更に周波数を切り換えるときPLLに初期値を与えることで瞬時に出力周波数を収束させる.各周波数に対応する初期値は,FH=SS通信の搬送波の周波数遷移が周期的であることを利用し,前周期の同一周波数におけるPLLの定常状態の位相差より得る.本PLLの誤差解析を行った結果,最大の誤差は初期値を与えたときに発生するVCOの位相ずれであることがわかった.PLLの時定数が大きいとき,この誤差の影響は小さいので切換え時間は短くなるが,反面PLLの応答が遅くなるのでホッピング周波数を上げることが困難になる.そこで,この位相ずれによる誤差を補償する方法を提案する.また,本方法によりホッピング周波数をリファレンス周波数の1 / 3まで上げられることを示す.

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. B-(0xF9C2)

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. B-(0xF9C2) 77(7), 367-375, 1994-07-25

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  10

Cited by:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003281434
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11359977
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09151885
  • NDL Article ID
    3892340
  • NDL Source Classification
    ND85(電気通信--無線)
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-1851
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top