λコンピューティング環境における共有メモリアクセス手法の提案  [in Japanese] Proposal of Shared Memory Access Methods for Lambda Computing Environment  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

ネットワークにおける高速かつ大容量な伝送を可能とする技術への要求を満たすために、光伝送技術を用いた研究が活発に進められているが、バケット交換技術に基づいたアーキテクチャをとる限り、個々のコネクションに対する高品質通信の実現は非常に難しくなっている。そこで、ネットワークノードや計算機群を光ファイバで接続したフォトニックネットワーク上に仮想チャネルをメッシュ状に張ることにより、Storage Area Networkやグリッド計算など新しい応用技術に必要な、高速かつ、高信頼な通信パイプをエンドユーザに提供することができるλコンピューティング環境を提案する。本稿では、フォトニックネットワーク上に仮想リングを構成し、リング上にデータを載せることにより、波長を仮想的な共有メモリとして利用することを考え、この共有メモリに対するアクセス方式を提案し、評価している。その結果、光リングネットワークによる共有メモリが有効であること、特に同期処理が少ないプログラムにおいて並列化効果の高いことがわかった。

Optical transmission technology is studied actively in order to realize high-speed transmission and broadband networks. However, conventional packet-based switching technology cannot realize the true high quality communication for each connection. Then we propose λcomputing environment which has the virtual channels utilizing optical fibers connecting computing nodes. So we can offer the high-speed and reliable connection path/pipe which is necessary for SAN and Grid computing, to the users with such virtual channels. In this paper, we propose and evaluate an access methods to the virtual ring network which consists of such channels when we use the ring network as a shared memory. As a result, we can show the performance of the proposed method to access the shared memory on photonic networks.

Journal

  • IEICE technical report. Communication systems

    IEICE technical report. Communication systems 104(81), 43-48, 2004-05-21

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  9

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003282129
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013298
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    6995234
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top