無線および電力線を用いた屋内ネットワークの構築とその評価 Indoor Networking using Wireless or Power-line Communication Technology and its Evaluation

この論文をさがす

著者

抄録

近年、無線LANを用いた屋内無線通信がその高速性から注目を浴びている。しかし、実際には障壁などにより無線でカバーできる範囲は限られている。一方、電力線通信は、無線に比べて低速ではあるが比較的広い範囲をカバーできると考えられている。 本論文では、無線および電力線がカバーできる範囲と伝送速度を実際の屋内環境(小学校と木造戸建て住宅)で調査したので報告する。

In recent years, wireless-LAN-based indoor communications draw attention due to their high-speed performance. However, in practice, the area where the wireless-LAN can cover is limited because of obstacles such as walls. On the other hand, the transmission rate of power-line communication is lower than that of wireless-LAN, but relatively wider range can be covered. In this paper, the coverage area of the wireless-LAN and power-line-LAN and their effective transmission rate are measured in indoor environments, i.e., an elementary school and a wooden house.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式

    電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式 101(29), 39-45, 2001-04-19

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

  • まなびねっと

    文部科学省生涯学習政策局

    http://www.manabinet.gr.jp/it_ed.html, http://www.manabinet.gr.jp/it_ed.pdf

    被引用文献1件

  • <no title>

    高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部

    http://www.kantei.go.jp/jp/it/network/index.html

    被引用文献1件

  • <no title>

    屋内高速ネットワークに関する調査研究報告書, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    http://www.netperf.org/

    被引用文献10件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003283213
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013298
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    5775949
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ