CDの音質数値化 : 光ディスクの新たな音質解析手法 Evaluation for Sound quality of CD with psychoacoustic parameters : The new analysis method for optical disc

この論文をさがす

著者

抄録

CD(コンパクト・ディスク)の音質がマスターテープ(原音)との比較において異なることが数年前から囁かれる様になり、聴取者、特にレコード会社やレコーディングエンジニアの間では「CDの音はマスターテープ(原音)より良くない」ことは通説となるに至っている。デジタル間で本来の音を聴感上忠実に再現していないことを表すこの音の違いは、これまでは音質表現語による判定方法が一般的であり、音質を数値で示すものではなく、また従来の周波数特性では音質の差がないことが問題であった。この微妙な音の差を聴感の尺度である心理音響パラメータによって数値化する評価法を、CDに代表される光ディスクの新たな音質評価法として報告する。

It has been said that the sound in Compact Disc is different when compared with the sound in original master tape. Among recording engineers now there is a thesis that the sound quality of CD is not as good as the one of master tape. But this difference of sound quality is not evaluated in objective value, but evaluated merely by subjective expression generally or by using FFT which not possible to show clear difference in result. The objective evaluation of sound in several kinds of CDs and original sound source using psychoacoustic parameters is presented as a new method to evaluate sounds in optical disc.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響 102(171), 29-34, 2002-06-21

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003283679
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10164817
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6220449
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ