スピーチプライバシー保護のための遮音システム設計に関する一考察  [in Japanese] A study on design of sound insulation system for achieving speech privacy  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年、会話の秘話性が必要とされる室内空間でのスピーチプライバシーの保護が重要視されてきている。本研究では、室内空間でのスピーチプライバシーを確保する遮音システムの設計について考察している。具体的には、各オクターブバンドにおける音声了解に寄与する重みをまず算出し、その妥当性について検討している。次いで、スピーチプライバシー評価のための指標を遮音システムの周波数特性を反映させた形で新たに導入し、スピーチプライバシーを確保する遮音システムの設計問題に適用している。その結果、室内空間でのスピーチプライバシーの確保を目的とした遮音システムの設計において、本研究で導入した指標は有効であることが示唆された。

It is essential to protect the speech privacy of convarsations between two rooms. This study primarily an index for securing speech privacy. Specifically, the frequency characteristic of intelligibility in Japanese speech is calculated. A new index for speech privacy protection based on the speech and insulation characteristics is introduced. Next, relationship between the index and the speech privacy evaluation is established. Using this relationship, the prediction and design problems in assuming the actual wall are considered. Finally, the validity and the usefulness of the intoroduced index are confirmed experimentally.

Journal

  • Technical report of IEICE. EA

    Technical report of IEICE. EA 104(246), 31-36, 2004-08-12

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  11

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003283946
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10164817
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    7090670
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top