MPEG-2 AACオーディオ符号化の2チャンネルステレオ主観評価 2-channel Stereo Subjective Listening Tests of MPEG-2 Advanced Audio Coding

この論文をさがす

著者

抄録

NHKでは、MPEGおよび電波産業界に協力して、計2回のMPEG-2 AACオーディオ符号化の2チャンネルステレオの主観評価テストを行った。この主観評価テスト方法及びテスト結果について報告する。この主観評価テストは、ITU-R勧告BS-1116に従って行った。この結果、2回の主観評価テストは連続性が保たれていること、128kbps/stereoのAAC Mainプロファイル, 144kbps/stereo以上のLCおよびSSRプロファイルはITU-Rの放送品質を満足すること、が明らかとなった。

This document presents the 2 round subjective listening tests of the MPEG-2 AAC stereo audio coding carried out by NHK.The first was carried out on behalf of ISO/IEC MPEG, and the second was carried out on behalf of ARIB.The subjective tests were conducted in accordance with ITU-R Recommen-dation BS.1116. As the results of the tests, AAC main-profile operated at 128kbps/2ch, AAC LC-profile at 144kbps/2ch and AAC SSR-profile at 144kbps/2ch met the ITU-R broadcasting quality.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響 98(277), 9-16, 1998-09-18

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003284391
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10164817
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ