光ファイバハンドリング時の損失変動  [in Japanese] Transmission loss change when optical fiber is handled  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

光中継伝送路における支障移転、加入者光伝送路での需要の発生に伴う分岐点の新設など、通信中の光ファイバケーブルに対して工事を行う必要がある。この際、通信中の光ファイバ心線に影響を与えることなく工事を行うことは困難であり、曲げや捻れが加わると伝送損失が瞬間的に変動し、最悪の場合、通信中のシステムの回線品質に影響を与える。このため模擬光ファイバ伝送路にて、極力実態に近いクロージャー接続作業および光配線盤作業の再現実験を行い、工事におおける送損失変動の実態を明らかにした。更に、この結果に基ずく統計的手法により、光ファイバ工事時の危険を回避する回線設計手法について明らかにした。

The reproduction experiment on the closure work and the IDF work was done on the mock optical fiber transmission road. The realities of the transmission loss change when constructing by this experiment was clarified. In addition, the line design technique to evade the danger of the optical fibers construction was clarified.

Journal

  • Technical report of IEICE. OCS

    Technical report of IEICE. OCS 96(367), 35-42, 1996-11-19

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003285606
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10060797
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • Data Source
    CJP  NII-ELS 
Page Top