心拍変動解析による自律神経機能の推定 Estimate of autonomic nervous system function by heart rate variability analysis

この論文をさがす

著者

    • 後藤 貴文 GOTO Takafumi
    • 金沢大学大学院 自然科学研究科 電子情報システム専攻画像情報工学研究室 KANAZAWA UNIVERSITY GRADUATE SCHOOL OF NATURAL SCIENCE AND TECHNOLOGY Division of Electronics and Computer Science Image Information Science Lab.

抄録

近年,生体工学の発達により,生体情報を非侵襲的に長期間観察することが可能となり,生体機能にはリズム,ゆらぎが普遍的に存在することが確認された.生体リズムとは,人間の体における周期的な変動のことを言い,短期では心臓の拍動、長期では女性の月経等がある.特に自律神経の短期そして長期変動は,生命活動のほとんどあらゆる局面に於いて重要な役割を果たす.また,この変動の観察は心拍変動という指標を用いて非常に簡便となり,かつ精度が高くなってきた.心拍変動の周波数解析に於いては,0.04〜0.15HzのLF(Low-Frequency)成分と0.15Hz以上の周波数のHF(High-Frequency)成分が存在することが知られている.HF成分は,副交感神経である迷走神経の活動の指標であり,LF成分は,交感神経と副交感神経に支配されるとされている.そこで本研究では心拍変動の時系列データを周波数解析することで神経性循環調節機能を推定することを目的とした.

Recently, it became possible to observe non-invasively bio information for a long period by development of bio engineering and it was made known that a rhythm or fluctuation exists in a bio function universally. The rhythm means a periodic change in human body, for instances heart beat and female menses. Especially ,short and long period rhythm in an autonomic nerve play an important role in any situation of life activities. And this observation of rhythm became easier and more accurate by using an indicator 'heart rate variability'. In frequency analysis of heart rate variability, it is known that LF(Low-Frequency) component of 0.04〜0.15Hz and HF(High-Frequency) component of over 0.15Hz exist. HF component is said to be an indicator of activity in vagus nerve which is parasympathetic. LF component is controlled both sympathetic nerve and parasympathetic nerve. This report aims at estimating function of nervous circulating regulation by frequency analysis of time series data of heart rate variability.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 102(507), 13-16, 2002-12-06

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  1件中 1-1件 を表示

  • <no title>

    細田嵯一

    生体時系列データ解析の新展開, 1996

    被引用文献1件

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003286408
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6435050
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ