コンピュータと心拍情報との対話機能によるリラクゼーションバイオフィードバックシステム The Relaxation Biofeedback System With Computer and Heart Rate Variability Interaction

この論文をさがす

著者

抄録

日常生活におけるリラクゼーションやストレスマネジメントの効果は、当事者の主観で評価されるのが一般的である.生体信号処理の手法を用いて客観的なリラクゼーション度合を実時間で算出・提示し、ユーザがよりリラックスした状態となるようはたらきかけるシステムがあれば、より積極的なストレスマネジメントが可能となると考えられる.本報告では非専門家である一般ユーザが日常生活中に簡易に使用できることを想定し、心電図拍動間隔時系列から実時間でリラクゼーションレベルを推定・提示し、対話的にユーザのリラクゼーション効果を高めるようなはたらきかけを行うバイオフィードバックシステムの提案する.また、実時間でリラクゼーションレベルを推定する手法やリラクゼーション効果を高めるためのインタラクションのアイディアについて検討し、試作システムを作成した.

The distress caused by mental stress is a common complaint. Stress management or relaxation treatment is necessary to maintain wellness life. The effect of relaxation treatment or stress management is evaluated by subjective evaluation of the user. To increase effect of the stress management or relaxation treatment, it is need to feedback stress or relaxation level. In this study, we propose the relaxation bio-feedback system with computer and Heart Rate Variability interaction. We aim to apply this system to stress management or relaxation treatment in daily life. The proposal system estimates relaxation level in real time by analyzing heart rate variability. The relaxation level is displayed using 3DCG animation. It described some ideas of the interaction method that improved relaxation effect. We designed a prototype system.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 103(470), 35-38, 2004-01-30

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003286579
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6796357
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ