画像処理によるヒドラを用いたバイオアッセイ法に関する基礎研究 A New Method on Bioassay Using Hydra by Image Processing

この論文をさがす

著者

抄録

従来知られた神経伝達物質やホルモンとは異なる細胞成長因子と呼ばれる一群の生理活性物質が生体内で発見され、この細胞成長因子を臨床的に治療や診断に用いようとする試みが始まり非常に注目されている。細胞成長因子の高感度濃度測定法として、ヒドラの触手球形成応答を指標としたバイオアッセイ法が知られている。本研究では、ヒドラ画像を顕微鏡を介してコンピュータに取り込み、その触手球形成応答を自動識別する画像処理システムを構築した。ヒトの視覚系を模擬した二値化処理法を開発すると共に、特徴量として円形度、凹凸率、輪郭線のフラクタル次元、触手の長さを用いた結果、触手球形成応答の識別率は94.3%となり、本システムの有効性を確認した。

Growth factors, which are originally identified as cell growth and cell survival stimulants have been recently recognized as multi-functional bio-active substances. In order to measure the growth factor concentration in the blood or cerebrospinal fluid, a highly sensitive, but non-automatic bio-assay system using ball-formation responses of Hydra tentacles has been used. In the present study, we developed an image processing system which automatically detects ball-formation responses. It has been demonstrated that the system, which includes indices of ball formation such as the length of tentacles and the fractal dimension of Hydra successfully detects ball-formation responses in the rate of 94.3%.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 97(45), 15-22, 1997-05-16

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003286722
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ