下オリーブ核ニューロンのコンピュータモデル A Computer Model of Inferior Olivary Neuron

この論文をさがす

著者

抄録

下オリーブ核ニューロンは脳幹に存在する神経細胞で,過分極時には約10Hzの周波数で周期的に活動電位を発生することで知られる.この周期的発振には低閾値Caスパイクが非常に重要な役割をはたす.すなわち,低閾値Caスパイクは膜が静止状態のときには発生せず,膜が過分極することにより発生する特性をもつ.本研究では,下オリーブ核ニューロンのモデルを電圧依存性のNa,K,高閾値Caも低閾値Caチャネルに加え,Ca依存性のKチャネルを考慮して構成した.その結果,低閾値Caチャネルの活性化及び不活性化変数を過分極電位の関数として表現することにより,生理学的に得られた下オリーブ核ニューロンの発振特性を再現できることが明らかになった.

It is well known that inferior olivary(IO) neurons have oscillatory properties with a frequency of about 10 Hz when the membrane potential is hyperpolarized from rest. In the present study, we constructed a computer model of IO neurons which includes voltage-dependent Na, K, high-threshold Ca and low-threshold Ca channels as well as a Ca-dependent K channel. The results of simulation indicate that the behavior of the low-threshold Ca channel has important roles in oscillatory properties of IO neurons, and that the present model predicts responses obtained in physiological experiments performed under various conditions.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 97(45), 83-90, 1997-05-16

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003286731
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ