視覚的な空間位置情報のメモリの経時的劣化について  [in Japanese] Deterioration of accuracy of memory-guided saccades in relation to length of memory period  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

我々は日常視覚的に記憶した位置に再び視線を向けたり、リーチングを行ったりする事が出来る。これは対象物の位置情報が脳内に表現され記憶されているためである。視覚を通した運動を行う際、視覚的な空間位置情報はまず、視覚系のメモリに蓄えられると考えられる。このメモリの経時的劣化の特性を調べるために、1度見て覚えた場所に様々な遅延時間(0.5〜60sec)後再びサッカードするタスクを行った。視覚目標位置を記憶する手段としては、目標を一定時間注視する方法と、眼は動かさず周辺視して記憶する方法の2つを用い、比較を行った。注視精度と注視点のバラ付きの両方に劣化が現れた被験者と注視精度は正確であるが、注視点のバラ付きに劣化が現れた被験者が存在した。注視位置の精度と再現性(SD)は独立な時間経過で劣化する可能性が考えられる。

We can make a saccade to a memorized target position(memory-guided saccade) accurately, using an internal representation of the target position in the brain, which is formed by means of the retinal and extraretinal signals. In order to investigate the characteristics of the memory, especially those of deterioration depending on the memory period, accuracies of memory-guided saccades were measured and analyzed. The result suggests that accuracy and precision of memory-guided saccade appeared to deteriorate with different time courses.

Journal

  • IEICE technical report. ME and bio cybernetics

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 97(45), 107-114, 1997-05-16

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  6

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003286734
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1001320X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Data Source
    CJP  CJPref  NII-ELS 
Page Top