レーザ光を用いた組織血流量計測に関する基礎的検討 Noninvasive Measurement of Tissue Blood Flow at the Finger Used by Laser

この論文をさがす

著者

抄録

レーザ組織血流計は無侵襲で簡便に末梢循環状態を連続モニタする機器として広く使用されている.しかし,体動の影響を受け易く,測定範囲・深度が局所に限定され,定量性の面においても問題を残している.本研究では,近赤外レーザ光を用いて局所的な組織血流量を定量的に測定する方法に関する基礎的検討として,まず生体組織に対するモデルとして血液,肝臓,ミルクに近赤外レーザ光を照射しモデル内で散乱したレーザ光の光量分布について検討を行った.次に静脈圧迫等により測定部の血液量を変化させたときに生じる生体内の吸光度変化から組織中のヘモグロビン量を求める装置を試作し,これに定量的組織血流計測に利用されているラバーストレインゲージプレチスモグラフィーや水素クリアランス組織血流計を組み合わせて,簡便に実効光路長を求める方法の可能性について検討した.

A laser flow meter for tissue blood flow is widely used to measure in a peripheral circulatory state noninvasively and conveniently. However, some problems that the influences of body movements appear sensitively, measuring range and depth are locally restricted, the quantification of blood flow is difficult and so on are left currently. In this paper, it has been examined the influences of the distribution of optical intensity which the laser enter in blood, tissue and so on by the model experiment. Moreover, both the laser flow meter and the quantitative method for tissue blood flow such as the hydrogen clearance meter and the rubber strain-gage plethysmograph during venous occlusion were carried out so that the method for the effective optical path length was developed.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 97(46), 33-40, 1997-05-17

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003286741
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ