可聴周波数以下の皮膚振動刺激を用いた義手感覚フィードバック装置 Infrasonic vibrotactile sensory feedback system for the myoelectric hand prosthesis

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は,可聴周波数以下の振動周波数を用いた義手感覚フィードバック装置を開発し,義手の操作性に対する効果を検討することである.本研究で試作した感覚フィードバック装置は,義手が物体を把握した時に指に生じる反力(把握力)を,可聴周波数以下の皮膚振動刺激を用いて使用者に伝達するものである.情報の伝達方式としては,刺激パターン(連続刺激と断続刺激)の切り替えによって行う.健常者を用いた心理物理実験を行い,本感覚フィードバック装置に用いる皮膚振動刺激の振動周波数と断続刺激の刺激提示時間,刺激休止時間を決定した.健常者を用いた物体把握実験を行い,試作した感覚フィードバック装置の義手の操作性に対する効果を示した.

The purpose of this study is to develop the sensory feedback system for me myoelectric hand prosthesis. This system transmits an information about the face, which is applied to the fingers of the prosthetic hand, to its user with infrasonic vibrotactile stimuli. The patterns of the vibrotactile stimuli, which are continuous and bursting vibrotactile stimuli, are switched with the magnitude of the gripping force. Usefulness of this system was shown by the experiment, where a normal subject was grasping soft objects with the prosthetic hand.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 96(581), 99-106, 1997-03-17

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003286887
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ