ヒト視覚系の時間特性に関するモデル Model on temporal vision in humans

この論文をさがす

著者

    • 塚田 章 TSUKADA Akira
    • 富山大学工学部 電子情報工学科 Department of Electronics and Computer Science, Faculty of Engineering, Toyama University
    • 川原田 淳 KAWARADA Atsushi
    • 富山大学工学部 電子情報工学科 Department of Electronics and Computer Science, Faculty of Engineering, Toyama University
    • 佐々木 和男 SASAKI Kazuo
    • 富山大学工学部 電子情報工学科 Department of Electronics and Computer Science, Faculty of Engineering, Toyama University

抄録

ブローカーズルッツア効果はヒト視覚系の時間特性に関する現象の一つであるが, この現象を説明するモデルはこれまでほとんど報告されていない. 本報告では, 知覚される明るさが網膜錐体の出力に対応していると仮定し, 我々がすでに提案している順応モデルを修正し, 時間特性に関するモデルを構成する. ブローカーズルッツア効果と時間周波数特性についてのシミュレーション結果は, 定性的に心理物理学的実験結果と類似する.

In this paper a model on temporal vision is proposed. This model is based on adaptation model proposed by Tsukada et al. and an assumption that absolute brightness perception corresponds to output of cone directly. The model predictions for Broca-Sulzer effect and temporal frequency characteristic coincide psychophysical results qualitatively.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 96(75), 141-147, 1996-05-24

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003287017
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ