網膜錐体細胞の順応に関するモデル Model on adaptation of retinal cones

この論文をさがす

著者

抄録

本報告では,脊椎動物の視覚系が有する優れた機能の一つである順応に関するモデルを提案する.このモデルでは,従来順応の動作曲線を説明するために用いられてきた膜等価回路に固定抵抗を挿入し,光強度情報を非線形変換-1次遅れ-再変換するという処理を仮定した.これを用いて錐体膜電位の過渡特性と動作曲線の遷移の順応に関するシミュレーションを行った.その結果はNormann,Werblinの生理学的実験結果とほぼ一致する.

This paper presents a model on adaptation. This model is based on the membrane equivalent circuit that explains an operating curve previously. We insert a constant resistance into this equivalent circuit and assume nonlinear transform, first-order lag and reverse transform processes to light intensity. We used this model to simulate transition characteristics of the membrane potential and operating curves, and compared the result with the physiological experiments obtained by Normann and Werblin.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 95(84), 9-15, 1995-05-26

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003287034
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ