超音波反射波改善用逆フィルタの設計・試作と性能評価 Development and Evaluation of Inverse Filter Method for Improvement of Ultrasonic Echo

この論文をさがす

著者

抄録

逆フィルタ法を用いて超音波反射波を改善,単純化し,単一ピークを得る為に,白色ノイズ化係数,重み関数及びその周波数帯域につき検討し,実際のシステムを設計,試作した.さらに,本システムを用いてモデル実験を行い,反射波単純化効果を調べ,その性能評価を行った.実験の結果,反射面の材質や光沢度を問わず反射波が単一ピークを持つこと,また反射面の距離,角度,曲率等の変化に対してある程度の適応範囲を有することが明らかになった.これらの結果は,本方法が動きを伴う血管や臓器の位置検出等,生体計測に適用できる可能性を示唆する.

Roles of white noise processing coefficient, weighting function and its frequency bandwidth in an inverse filter method were investigated to improve and to simplify an ultrasonic echo, such that it has a single peak. On the basis of the investigation, a practical system was developed and applied to model experiments. Results indicate that the system is adaptive to a certain degree of changes in distance and angle between a ultrasonic transducer and a reflector and in curvature of the reflector, and suggest that the system is applicable to detect a position of blood vessel and visceral organ with some movement.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 95(291), 23-30, 1995-10-13

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003287202
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ