無拘束非観血的連続血圧計測 Noninvasive measurement of ambulatory beat-to-beat arterial pressure.

この論文をさがす

著者

抄録

一心拍毎の最高,最低血圧や血圧曲線が無拘束かつ非観血的に測定可能な超小型連続血圧計を開発した。本システムの測定原理は,血管内圧変動に伴う血管内容積変化を光電的に検出し,外部から容積補償して,これを一定に保持させるための外部圧力から非観血的に血圧波形や血圧曲線を得るという容積補償法を利用している.試作装置の重量は記録用テープレコーダを含め約2.3kgであり,左手薬指を測定部位としたが,測定に際し大きな支障は生じなかった.本システムの性能評価として,運動や自動車運転などの各種の生理的・精神的ストレス負荷を与えた状態で測定を行い,本装置の安定性や信頼限界について検討するとともに,各種血圧応答の変化について観察した.

A portable device for the indirect measurement of beat-to-beat arterial pressure and its wave forms in the basal phalanx of the fingers of ambulatory subjects was designed using a volume compensation method.This device consists of(1)a transmitted infra- red photoelectric plethysmograph to detect the variation of arterial volume,(2)a pneumatic cuff with an actuator,(3)a servo- system to control the cuff pressure,and(4)a stereo cassette tape- recorder.Total weight of the device was 2.3 kg.Blood pressure changes during walking,jumping,Master′s two-step test,and car driv ing,were successfully recorded.

収録刊行物

  • 信学技法

    信学技法 MBE93-59, 41-48, 1993

    一般社団法人電子情報通信学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003287285
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ