心拍変動パワースペクトル分析のための等間隔心拍変動信号を求める方法に関する研究 The study of methods for obtaining an evenly-spaced heart rate variability signal

この論文をさがす

著者

抄録

本研究ではR波のイベントシリーズから心拍変動のパワースペクトル解析に際して必要不可欠である等間隔の心拍変動信号を求める様々な方法に関してIPFMモデルのシミュレーションを通じて検討した。その結果、各方法はR波イベントシリーズから心拍変動に対する自律神経システムの影響をよく推定できたが、その中で瞬時心拍信号(IHPS)、IIHRS,LPFESがより優れた結果を示した。また心拍変動信号のパワースペクトル解析ではRR間隔のかわりに心拍数および一次補間法を用いた方法が望ましい。

In this study,various techniques are reviewed which transform R- wave event series into an evenly-spaced heart rate variability inevitable to the power spectral analysis of heart rate variability.The relationship is discussed between those and IPFM model.As a result,it is shown that all techniques well retrieve the driving signal(or the effect of autonomic nervous system on heart rate variability) from cardiac event series,but IHRS,IIHRS and LPFES are more attractive in the analysis of heart rate variability.That is,it also means that those techniques are well consistent with IPFM model.Also,it is shown that techniques using the heart rate instead of RR interval and, or the the first-order interpolation result in more satisfactory power spectral.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 93(356), 29-36, 1993-11-26

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003287290
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ