姿勢が呼吸・咀嚼・嚥下リズムに与える影馨 Influence of posture on respiration, mastication, and swallowing rhythms

この論文をさがす

著者

抄録

呼吸, 咀嚼, 嚥下運動は生命維持のために極めて重要な運動である。これらの運動は脳幹にあるそれぞれのパターンジェネレータにより制御されていると考えられるが、3つの運動間には密接な協調関係がある。本研究では呼吸, 咀嚼, 嚥下運動間の協調関係が座位、仰臥位、腹臥位、左横臥位及び右横臥位の姿勢時にどのように変化するかを検討した。その結果、咀嚼開始が座位姿勢では吸気から呼気への切り替え時点を除いた呼気及び呼気相で平均的に生じるが、仰臥位では吸気から呼気への切り替え時点直後に多く生じることなどが明らかになった。このような姿勢による協調関係の変化は、姿勢変化により体内の筋肉や器官の機械的性質が変化し、それを補償するために生じると考えられる。

Respiration, mastication, and swallowing are important movements to maintain a homeostasis in animals and humans. Although each movement is controlled by each pattern generator in the brain stem, there are some couplings between respiration, mastication and swallowing. In the present study, we investigate a possibility that the couplings are modified by posture. One example of the present results indicate that in a sitting posture swallowing equally begins at the inspratory and expiratory phases except around the time at which a switching occurs from inspiration to expiration, whereas in a supine posture that begins frequently immediately after the switching. We speculate that the couplings between three movements changes with posture to compensate for the alterations in the mechanical properties of the muscles and organs in the body.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 98(94), 1-6, 1998-05-29

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003287420
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ