順応と光変換機構を考慮した網膜錐体モデル Modeling the primate cone: Adaptation and Phototransduction

この論文をさがす

著者

抄録

視覚系の1次ニューロンである錐体は周囲の明るさに応じて動作範囲が遷移する順応機能と網膜に入射した光を電気信号に変換する光変換機構をもっている.従来の順応に関するモデルは動作曲線の遷移の様子をシミュレートできるが錐体のフラッシュ応答をシミュレートできない.また, 従来の光変換機構に関するモデルはフラッシュ応答をシミュレートできるが動作曲線をシミュレートできない.本報告で我々はそれぞれを説明できる二つのモデルを参考にし, これにいくつかの仮説を導入してモデルを構成する.本モデルを用いてサル錐体のフラッシュ光応答と動作曲線の遷移に関するシミュレーションを行った結果, モデルの出力と生理実験結果は定性的に一致した.

Retinal cones have been studied both adaptation and phototransduction. These functions have been explained within two different theoretical frameworks. The models developed to predict the function cannot predict the other function. In this paper, we develop a model by merging the previous models that can explain either adaptation or phototransduction and considering some assumptions. The developed model here can simulate these functions qualitatively.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 98(94), 7-14, 1998-05-29

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003287421
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ