カニッツァ図形における主観的四角形と背景の明るさについて Brightness of Subjective Squares and Backgrounds in Kanizsa's Figures

この論文をさがす

著者

抄録

カニッツァ図形に代表される主観的図形は主観的な図形知覚と主観的な明るさ知覚という2つの錯視現象を内包している特異な図形である。本報告においては特に主観的図形の明るさについて調べる。すなわちなぜ主観的四角形が明るく見えるのかについて、"エッジタイプ"と"ラインエンドタイプ"という誘導因子の違いについて実験を行い検討する。また従来の視覚情報処理モデルのシミュレーション結果と本実験の結果を比較する。その結果、主観的四角形と背景の明るさの関係、ならびに"エッジタイプ"と"ラインエンドタイプ"の誘導因子の関する新たな知見を得た。

Subjective figures represented by the Kanizsa's figure, is involving two illusory phenomena on perception of subjective brightness and figure. In this paper we especially paid attention to brightness of subjective figures. It is assumed that the difference of inducer between "edge-type" and "Line-end-type" is concerned in brightness perception of subjective squares. We carried out the psychophysical experiments which showed subject figures used inducer of "edge-type" and "line-end-type" in the CRT monitor. In this result, we obtained two findings, one is the relationship on brightness between subjective squares and backgrounds and the other is inducer of "edge-type" and "line-end-type".

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 98(94), 15-21, 1998-05-29

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003287422
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ