トイレを利用した体重関連・心機能情報の在宅無意識計測システム Non-conscious monitoring system for automatic acquisition of body and excreta weight together with cardic function in toilet at home

この論文をさがす

著者

抄録

高齢化社会が急速に進んでいる我が国では、在宅での疾病予防・健康管理が益々重要になってきているが、在宅生体計測に工学的技術を充分に活用しておらず、健康状態を把握する指標となる各種バイタルサインを簡易に入手できないのが実状である。本研究では日常生活で誰しも使用するトイレのスペースを利用し、日常の健康状態をモニタするバイタルサインとして体重・排泄量・排泄速度・脈拍数・心拍出量を取り上げ、無意識的にこれらを自動計測し、かつ個人識別を行いながらデータ収集する健康維持・管理のための無意識生体計測システムの開発を行ったので報告する。

For the purpose of health care monitoring during daily life, we attempted to devise a non-conscieous monitoring system, set up in a toilet, which allows automatic acquisition of body and excreta weight, excreta velocity, pulse rate, together with ballistocardiogram as an index of cardiac function during relieving nature. This paper describes an outline of the system, its performance and examples of monitoring results, and a possibility for evaluating cardiac output obtained from the ballistocardiogram is also discussed.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 98(95), 15-21, 1998-05-30

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

被引用文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003287439
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ