ウェルフェアテクノハウスへの健康自動計測システムの導入と性能評価 Evaluation of Automatic and Non-conscious Health Monitoring System at the "Welfare Techno House" in Takaoka

この論文をさがす

著者

抄録

富山県高岡市に建設されたウェルフェアテクノハウス(WTH)に, 浴槽, トイレ, ベッドを利用した健康自動計測システムを導入した.本システムは家庭用調度品の中に健康管理指標のためのセンサを内臓し、無意識のうちに健康状態の記録を行う。本システムの性能評価のためWTHにおいて滞在実験を行った結果, 心電図や体重・排泄量等の生体情報を自動的に収集し、記録することが可能であった.また, 少数例ではあるが, 高齢層と若年層の被験者に対し測定を行い, 両者の比較検討を行った.

We installed the automated health monitoring systems for daily physiological status during bathing, excretion and sleep in "Welfare Techno House"at Takaoka, Toyama. We also evaluated three automated and non-conscious measurements of 1) electrocardiogram (ECG) in bath tub, 2) bogy and excreta weight in lavatory and 3) ECG in bed without utilizing body surface electrodes. Acquisition data by above systems are routed to a master controller which is connected PCs fitted with LAN at home. For the evaluation of automated health monitoring system, we tried a long continuous measurement to monitor health status in daily life on young and elderly subjects.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 98(95), 35-40, 1998-05-30

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003287442
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ