3D-CGを用いたオンオフ型筋電義手シミュレータ Development of 3D-CG myoelectric hand simulator

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は, 3次元コンピュータグラフィックスを用いた。オンオフ型筋電義手のシミュレータを開発することである。本シミュレータは, 2chの筋電位信号と上肢の三次元位置を入力とし, 3D-CGを用いて表示された義手の開閉角度と上肢姿勢をリアルタイムで制御するものである.シミュレータでは, 実際のオンオフ型筋電義手のダイナミックをモデル化し, 義手の開閉角度を算出している.健常者による筋電制御実験を行い, リアルタイムでの計測・制御が可能であることを示した.

The purpose of this study was to develop a 3D-CG myoelectric hand simulator. This system simulated dynamics of a myoelectric hand controlled in ON-OFF mode accroding with an amplitude of EMG signals. We showed that a finger-angle of a 3D-CG hand in this simulator was able controlled voluntarily with EMG signals.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 98(174), 77-81, 1998-07-14

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003287507
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ