注視時及び円滑追跡眼球運動に対する背景刺激の動きによる影響 : モデルを用いた考察 Effect of the background stimulus on fixation and smooth pursuit eye movement : A model

この論文をさがす

著者

    • 三浦 健一郎 MIURA Ken-ichiro
    • 科学技術振興事業団、CREST電子技術総合研究所、情報科学部、脳機能ラボ CREST, Japan Science and Technology Corporation (JST) Neuroscience Section, Electrotechnical Laboratory
    • 小高 泰 KODAKA Yasushi
    • 科学技術振興事業団、CREST電子技術総合研究所、情報科学部、脳機能ラボ CREST, Japan Science and Technology Corporation (JST) Neuroscience Section, Electrotechnical Laboratory
    • 末広 和代 SUEHIRO Kazuyo
    • 科学技術振興事業団、CREST電子技術総合研究所、情報科学部、脳機能ラボ CREST, Japan Science and Technology Corporation (JST) Neuroscience Section, Electrotechnical Laboratory
    • 竹村 文 TAKEMURA Aya
    • 科学技術振興事業団、CREST電子技術総合研究所、情報科学部、脳機能ラボ CREST, Japan Science and Technology Corporation (JST) Neuroscience Section, Electrotechnical Laboratory
    • 井上 由香 INOUE Yuka
    • 科学技術振興事業団、CREST電子技術総合研究所、情報科学部、脳機能ラボ CREST, Japan Science and Technology Corporation (JST) Neuroscience Section, Electrotechnical Laboratory
    • 河野 憲二 KAWANO Kenji
    • 科学技術振興事業団、CREST電子技術総合研究所、情報科学部、脳機能ラボ CREST, Japan Science and Technology Corporation (JST) Neuroscience Section, Electrotechnical Laboratory

抄録

本研究では、背景刺激が存在する中で注視および円滑追跡眼球運動を行っている時の眼球運動を調べた実験結果からの示唆に基づいて、背景刺激が存在する中で、ターゲットの注視・追跡時の眼球運動を再現する一つの仮説的なモデルを構成し、そのメカニズムについて考察する。このモデルはトータルな眼球運動が視野の広い範囲の動きによって引き起こされる眼球運動成分とターゲットに視線を向けようとする眼球運動成分の合成として定式化される。このモデルは、先に行われた実験結果から得られる特徴的な現象である、背景刺激の動きによって生じる眼球運動に対するすばやい補正と、一過性の背景刺激の動きに対して選択的な眼の速度の変化を再現することができる。

In this study, we construct a model of the eye movements in the case where the observer fixates or pursues the object of interest in the presence of an extensive visual stimulus. In this model, the eye movements in these situations are assumed to be composed of the component caused by background motion and the component for the fixation or the pursuit of the object of interest. This model can reproduce two properties observed in our experiments, i.e.the immediate compensation for the eye movement caused by background motion and the changes in eye velocity caused by transient background motion.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 98(400), 87-94, 1998-11-17

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003287541
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ